ドイツ旅行6日目 午後 ノイシュバンシュタイン城

六日目午後(2013年9月3日訪問)

ヴィース教会を後にしてバスはロマンティック街道を約40分/約20キロ走りシュバンガウに着きました
バイエルン州の南部の都市フュッセンにあるノイシュバンシュタイン城は断崖の高台に建っています。ロマンティック街道の終点の観光スポットにあり、その姿が美しいことから、ドイツで最も観光客に人気のある城になっていてディズニーランドのモデルになったことはご承知の通りです。

画像

画像


途中、車窓からオーストリアとドイツとの国境をまたぐ山脈を背にして見えてきたのはノイシュバンシュタイン城
画像


フュッセン駅前から城の麓まで行き方は、シャトルバスや馬車や徒歩の三つの方法があります。今回のツアーでは、行きはシャトルバスで約10分、帰りは徒歩で約40分でしたが道に馬の糞が落ちていたので注意しながら歩きました。   
画像
 
白亜の城と称されているだけに美しいです
画像
 
画像
 
画像

ノイシュバンシュタイン(城)の意味を調べてみました。ノイ:(new)新しい シュバン:(swan)白鳥 シュタイン:(stone)石 だそうです。

建造したのはバイエルン王国のルートヴィヒ2世(1845~1886年)。19歳の時、父王が53歳で他界したため、王位を継承。中世騎士道への強い憧れを抱く彼は政治には関心を示さず、音楽家ワーグナー(1813~1883年)に心酔し、オペラ『ローエングリン』と『タンホイザー』に登場する騎士の城を再現しようという自らの夢のため、経済性や実用性を度外視して計画を進め、城を1869年9月5日に着工。またルートヴィヒ2世は、築城と音楽に破滅的浪費を繰り返し財政逼迫(ひっぱく)を顧みることが無かったため周囲からの信用を失い「狂王」と称され王位剥奪、ついには軟禁され、ほどなく城の完成途中でシュタルンベルク湖畔を散歩中に謎の死を遂げた。(1886年、41歳) 1890年に築城は再開されたが城は軍事的な要塞としての設計はされていません。(J○B情報より)

入場ゲート付近は混雑しています
画像




城内は撮影禁止なので内部写真が無いのは残念です
画像


一段上がったベランダから撮影
画像



ノイシュバンシュタイン城を少し下り、マリエン橋を撮影
画像

ノイシュバンシュタイン城を少し下り、アルプ湖方面を撮影
画像





この後、ノイシュバンシュタイン城からロマンティック街道をUターンしてローデンブルクに向け出発、バス約4時間/約250キロ走り到着

バス4時間は疲れます、6日目はローデンブルグ泊です



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 183

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tami

    こんばんは。
    湖を見下ろす白亜の城、絶景ですね。
    財政を逼迫させるほどの名城であり迷城だったのかな。
    2018年08月31日 21:07
  • ボーノ

    tamiさん
    コメントありがとうございます。周囲の湖と城のコントラストが美しいですよね。財政を顧みない築城は現在では考えられないですよね。
    2018年09月01日 10:59
  • いや~凄いですね~~。
    ドイツって国へ、イヤ欧州には足を踏み入れた事がないんです。綺麗な景色です。
    2018年09月06日 23:45
  • ボーノ

    温さん
    コメントありがとうございます
    欧州観光で観るのは、殆ど人の手で造った建造物ですが、日本の桜は自然の植物でありながら人の手入れが必要ですが世界的に美しく素晴らしいと思います。
    2018年09月07日 15:33